美容の悩み

白湯はレンジで作っちゃダメ?【正しく効果の得られる作り方を解説】

白湯ってレンジで作っても大丈夫なのかな?やかんやお鍋で沸騰させて作らないと、ダイエットの効果はないのかな?
朝白湯を飲みたいけど沸かして作る時間がない…。レンジでチンして作っちゃだめなのかな?コップ一杯だけなのに、鍋もやかんもめんどくさいんだけど…。

ダイエットの為、健康のため。色々な理由から白湯を飲んでみようかなと思っている人は多いと思います。

白湯。ぜひ飲んでください!

白湯はレンジでチンした物で大丈夫ですよ!
お水はいつも飲んでいる物、安心して飲める水を使うことが前提です。
レンジで作る白湯は、大体コップ1杯(150ml)を耐熱のコップに入れて、

  • 600wで約1分半
  • 500wで約2分

チン!で、できちゃいます。
ゆっくり冷まして飲みましょう。
お手持ちのレンジによって加熱時間は調節してくださいね!

白湯を飲む事で得られる効果は、温かいお湯を飲むことが必要なんです。

ダイエットや健康の為には、レンジで温めたお湯で充分です

でも、

白湯は沸騰させて作る物だ!

白湯は沸騰させて作った方がいい!

そんな声も聞いたことがあるかもしれません。

それは一体どうしてなのか…?

それを含め、この記事でご説明していきます!

  • 白湯はレンジで作っちゃダメ?
  • レンジを使った白湯の作り方
  • 白湯を作るならウォーターサーバーが最強

レンジでチン♪

ぜひ白湯を作りながら読んでみてください。

白湯はレンジで作っちゃだめ?

 

白湯はレンジで作っていいんです。

白湯が身体にもたらしてくれる嬉しい効果は、レンジで作った物でも充分発揮されるからです。

詳しくみていきましょう。

レンジで作った白湯でも充分効果あり

白湯を飲むことで、内臓を身体の内側から温めることができます。

温まった内臓は動きが活発になり、ダイエットや健康に良い効果が発揮されます。

どんな効果があるかというと…。

  • 基礎代謝が上がる
  • むくみがとれる
  • 便秘解消、デトックス
  • 肩こりや腰痛の緩和
  • 免疫力があがる

などです。

これらはすべて、内臓が温まり、代謝や血行がよくなることで得られる効果です。

つまり… 大切なのは白湯成分ではなくて、温度!!

体温よりも少し高めの熱めのお湯であれば、レンジで作った物で充分効果が得られるのです。

え?じゃあもしかして、白湯でなくても温かい飲み物を飲めばダイエットによかったり、健康にいいって事?

確かに!温かい飲み物であれば内臓はあたたまります。

でも、お茶やコーヒーには、カフェインや、ポリフェノールなど、色々な成分が含まれます。

純粋に内臓を温めるには、やはり白湯が1番いいのです。



沸騰させて作る方がいいとされる理由

では、白湯は沸騰させた方がいいと言われる理由は何なのでしょうか?

水道水の水質の問題

水道水は厚生労働省の基準に基づいた検査法で、それぞれの県や市でしっかり検査され、私たちの元に安全な物として届けられています。

でも、水道から水を直接コップに入れると、なんだか臭いがして嫌だったりしませんか?

それはおそらく塩素によるカルキ臭。

水道水には塩素や、発がん性の指摘されているトリハロメタンという物質が含まれているのです。

さらに水道局から送られてきた水自体が安全な物であったとしても、私たちの元に届くまでには、受水槽や給水管を通って運ばれてきた水ですので、その辺りの衛生状態も気になるところですよね。

浄水器を通すことや、煮沸をする事で、ある程度安心して飲めるようにはなると思いますが、あまり水道水をそのまま飲むことはおすすめしません。

筆者は、上京してきたときに東京の水を飲んであまりのまずさに吐き出したことがあります…。(長野の田舎で育ち、あたりまえのように水道水をがぶがぶ飲んで育ってきました)

それ以来、水道水はそのまま飲んでいません。

もしも水道水を白湯にしたい方は、

やかんやお鍋などで10分以上の沸騰をさせて作る事をおすすめします。

インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の考え方

インド発祥のアーユルヴェーダという伝統医学があります。

アーユルヴェーダの健康法で、身体のバランスを整えるためには白湯を飲む事が良いとされています。

その際、白湯は空気に触れさせ、しっかり沸騰させて作ることが重要なようです。

 

アーユルヴェーダの考え方から白湯を飲みたいと思った方は、しっかり沸騰させて作りましょう。



レンジを使った白湯の作り方

レンジで作る白湯は

  1. 耐熱のコップに水を入れる。(約150ml)
  2. 600wなら1分半、500wなら2分加熱する

これだけでできちゃいます。

お手持ちのレンジによって違いますので、自分好みに調節して作ってみてくださいね。

ちなみにラップはしなくても大丈夫ですよ。

電子レンジでグツグツ煮沸消毒する事はできないため、必ず安心して飲める水を使ってくださいね!

白湯を作るならウォーターサーバーが最強

安心して飲める水なら、白湯はレンジで作れる。という事がわかっていただけたと思います。

しかし、レンジよりもっと楽ちんなのは、ウォーターサーバーです。

チンする必要もなく、ノズルをひねるだけで安心して飲めるお湯が出てきます。

1日に何杯か白湯を飲もうとすると、その都度レンジでチンしなくてはならず、面倒に感じませんか?

レンジでは大量に白湯を作る事はできませんし、作り置くこともあまりおすすめできません。

でも、ウォーターサーバーなら量も気にせず、好きなときに好きなだけお湯を使えます。

私のおすすめのウォーターサーバーをご紹介します!

FRECIOUS slat ウォーターサーバー

created by Rinker
フレシャス(FRECIOUS)
¥54,797
(2021/10/16 16:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

山梨県・静岡県・長野県の3種類の天然水の中から選べます。

軟水~中軟水。

本体の見た目もとってもおしゃれです!

赤ちゃんのミルクやコーヒーにも使えますし、お料理にも便利です。

ボトルの交換も簡単で、空き容器は不燃ゴミとして捨てられます。

空き容器を回収してもらわなくていいのはめちゃくちゃ助かりますよね♪



まとめ

〇白湯はレンジで作ってOK!

  • 白湯のいい効果を得るためには温かいお湯を飲むことが大事
  • 水道水でなければ煮沸する必要がないから
  • アーユルヴェーダの考え方でなければ沸騰させなくても大丈夫

〇レンジを使った白湯の作り方

  • 600w1分半、500w2分
  • ラップは必要なし!

〇白湯を作るならウォーターサーバーが最強

レンジでチンする手間すらもいらない、ウォーターサーバーが最強に楽!

いかがだったでしょうか。

レンジやウォーターサーバーを使って、今より簡単・気軽に白湯を楽しんでみてくださいね。