料理の悩み

もやしは袋のままレンジで加熱しても大丈夫?ニオイはとれる?

もやしはレンジで調理すると便利って聞くけど

袋のままでチンして大丈夫???袋のままチンするとニオイってどうなるの???

ちょっと気になる所です。その答えは・・・

袋のままのチンは危険です。チンするだけでは、すべてのニオイはとれません。

残念!!!

でも、がっかりしないでください!簡単なレンジ加熱方法はあります!しっかり臭いをとる方法も紹介します。また、レンジ加熱後に簡単で美味しいもやしレシピも紹介します。

もやしは袋のままレンジで加熱するのはNG

通常のもやしの袋はレンジに対応していません。

耐熱素材で、袋の中の圧力を逃がす工夫がされているものでなければ、レンジでそのまま使うことは出来ません。

耐熱温度を超えると、袋が溶け、もやしに混入する恐れがあります。また、袋が膨らんで破裂することがあります。大きく膨らんだ袋を開ける時、蒸気でやけどをする危険もあります。

しかし、お湯で茹でることに比べ、レンジで加熱すると、もやしの栄養をキープすることができ、便利なだけでなく、健康に役立ち、とってもおすすめです!

レンジ加熱に使うならこれ!

耐熱容器であれば、なんでも大丈夫です。均等に加熱することを考えれば、底が平らになっている容器に、広げてのせるのがおすすめです。

ジップロックコンテナ

加熱後、必要な分を取って、残りは蓋をして保存が出来ます。深さがあるので、そのまま調味料等を混ぜることもできます。こちらは、加熱しても安心・安全です!

created by Rinker
ジップロック
¥364
(2021/10/17 15:36:43時点 Amazon調べ-詳細)

「ジップロック®コンテナー」では、内分泌かく乱作用を持つとされる物質(いわゆる環境ホルモン)は使われていませんのでご安心ください

引用:旭化成ホームプロダクツ株式会社

ガラス製保存容器

見た目が良いため、加熱後に調味料等を混ぜた後、そのままお皿として使えます。さらに残った分は蓋をして保存が出来ます。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥1,127
(2021/10/17 15:36:44時点 Amazon調べ-詳細)

耐熱ポリ袋

電子レンジでも湯煎でも使えるポリ袋が市販されています。加熱後、袋に調味料等入れれば、そのまま混ぜることが出来ます。必要な分をお皿に入れて、残りはしっかり袋の口を閉じて、冷蔵庫へ。そのまま冷凍庫に入れることも出来ます。

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)

しかし、1袋30円程度。使い捨てと思うと少しもったいな気がします。

もやしの加熱時間

もやしのシャキシャキ感を損なわない加熱時間は100gのもやしに対して、500Wで1分程度。

もやしは1袋200g〜250gのため、1袋全部加熱する場合は、2分〜2分30秒程度です。

袋からだした後、洗わなくて大丈夫?

洗わなくて大丈夫です。

もやしは出荷前に清浄な水で洗浄されています。袋からそのまま耐熱容器にいれれば大丈夫です。

もやしは出荷前に清浄な水で洗浄されていますので、基本的には調理前の水洗いは必要ありません。 ただし、お手元に届くまでやお手元に届いてからの保存状況の良し悪しなどによって臭いが気になる場合などには水洗いしていただいても結構です。

引用:もやし生産者協会

あった!袋のままレンジ加熱が出来るもやし!

茹でた場合、大豆イソフラボン、GABA、葉酸と含有量がいづれも減少しているのに比べ、レンジ調理の場合、3つの栄養成分すべて生の状態比べ99%栄養をキープしていることが分かりました。

引用:サラダコスモ

ちょっと高いです。もやしの魅力のひとつ、お安さ!は感じられません。でも、お手軽にもやしの栄養をいただけます。

袋ままチンしてしまった、大丈夫かな?

今まで、レンジでチンしてしまっていた人のために(私ですが・・・)

食品を入れる袋には食品衛生法に基づいた規格基準があり、人体に害のあるものは使われていません。もし溶けた袋を間違って食べてしまっていても体に重大な問題が起こるわけではないのでご安心ください。

また、もやしの袋の素材はポリエチレンです。その種類によって耐熱温度は70度〜110度です。110度まで耐えられる袋であれば、中身はもやしです。100度を大きく超えるようなことはないので、溶けるようなことはないはずです。

しかし、レンジに対応していない袋です。使わないにこしたことはありません。

レンジでチンだけでは、すべての臭いはとれない!

もやしの気になる臭いは2つあります。

生臭さ

青臭さ

生臭ささは、もやしの傷みからくる臭い、加熱前に洗うなどしなければとれません

しかし、青臭ささは、もやし本来の臭い、加熱時間を増やすだけで解決できます。

生臭ささをとる方法

生臭いにおいがする場合、それは、もやしが傷んできた証拠です。特にひげ根の部分は痛みやすく、細菌が繁殖して生臭い臭いがしてきます。

しっかり洗う

たっぷりの水でざぶざぶ洗い、ザルにあげて、流水で流します。もやしの表面についた、臭いをしっかり落とすことで、臭いがなくなりなす。

ひげ根部分を取り除く

生臭い臭いは、ひげ根の部分が1番原因です。この部分を取り除くと臭いもなくなります。

ひげ根は、食べた時の口当たりを悪くします。ここ取り除けば、臭いがなくなり、口当たりも良くなっていいことばかりです。しかし、とても手間がかかります。すでにひげ根が取られた商品も売られています。

青臭さを取るための加熱時間

青臭さの原因は、もやしがもともともっている酵素の反応です。もやしが生きている限りもやしから臭ってくるものです。加熱時間を増やすことで臭いがなくなっていきます。

私の経験では100gを電子レンジで3分加熱すると青臭さは気にならなくなります。ただ、3分も加熱するともやしのシャキシャキ感はありません。

濃い味付けで臭いは気にならない

味付けを工夫すれば、青臭さは気にならなくなります。サラダにしても、ドレッシングをかける時に、濃い味のものを選ぶ、もしくは油が入っているものを選ぶと良いです。油がもやしをコーティングして臭いが出てくるのを抑えてくれます。

レンジで加熱後、美味しく食べるアイデア!

加熱した後、かけるだけで十分楽しめるアイデアの紹介です。(はじめに言っておきます。もっと手間をかければ、美味しい食べ方はあります!あくまでもかけるだけ、混ぜるだけです!)

食べるラー油

かけて混ぜるだけです。お酒のつまみにも最高です。

つけてみそかけてみそ

かけて混ぜるだけです。甘くて美味しい!こどもも大喜び!

サバ缶

かけて混ぜるだけです。お好みでマヨネーズをどうぞ。

のりの佃煮

かけて混ぜるだけです。これまた、甘くて美味しい!こどもも大喜びです!

お気づきかもしれませんが、もやしはくせがなく、あっさりとしているため、ご飯にあうものは、だいたいあうのです!

まとめ

もやしのレンジ加熱には耐熱容器を使いましょう!

加熱時間は100gあたり500Wで1分程度

もやしの生臭さは調理前にしっかり洗って落とす!

もやしの青臭さは加熱時間を増やせばなくなる!

 

状況に合わせて手順を整理します。

買ってきたばかりのもやしを調理

青臭ささが気にならない方!

・袋からそのまま耐熱容器へ、レンジ1分加熱して完成!

青臭ささが気になる方!

・袋からそのまま耐熱容器へ、レンジ3分加熱して完成!

ちょっと時間がたって、生臭い臭いがしてきた時

青臭ささが気にならない方!

・袋から出して洗う、ひげ根を取り除く、耐熱容器で1分加熱して完成!

青臭ささが気になる方!

・袋から出して洗う、ひげ根を取り除く、耐熱容器で3分加熱して完成!

もやしは、栄養たっぷり、低カロリー、そしてなんといってもお安い!こんな食材がレンジで簡単に調理できるなんて、なんて素敵なことでしょう!

我が家は、今夜ももやしが食卓に並びます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。