家事の悩み

色移りはキッチンハイターで落ちる?簡単な色移りの落とし方を伝授!

「色移りにキッチンハイターって使えるの?」
「服にキッチンハイター使ってボロボロになったりしない?」

キッチンハイターで衣類の色移りが落とせると聞いても、あくまでキッチン用の漂白剤なので、本当に大丈夫なのか心配になりますよね。

仮に色移りが落ちたとしてもお気に入りの服がボロボロになってしまったら元も子もないですからね(T_T)

実際に使ってみたことがある私の意見としては、

衣類に使えるかというと正しくはNOですが、
最終手段として使うのであればアリです!

この話は、あくまで実際の体験に基づいたものなので、
色移りに手間をかけて正しい対処ができる人には聞く必要のないものかもしれません。

ですが、うっかり色移りしてしまったとしても、その時に気づいたら乾いてしまっていて手遅れになってしまったりすることってありませんか?

色移りは一度乾いてしまうと普通のやり方では落とせなくなってしまうことがあります。

この記事では、そんな時の最終手段として私がキッチンハイターを使って色移りに対処した時の体験談をお伝えします。

キッチンハイターを使わずに簡単に色移りを落とす方法も紹介しているので、色移りに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

衣服の色移りにキッチンハイターは使えるのか?

キッチンハイターなのに衣類に使えるの?

 

そもそもキッチンハイターは、除菌・消臭・漂白の目的で使われる台所用漂白剤です。

ハイターにはちゃんと衣料用のものがあるので、通常衣類の黄ばみなどの染み抜きはそちらを使うのが正解と言えるでしょう。

なのでいきなりですが、衣類に使えるかというと正しくはNOです。

汚れを落とす力が強いからと言っても、大切な衣類の染み抜きに使えるようなものではありません。

「でも、どっちのハイターも漂白剤として使えるって聞いたことがあるよ!」

という方もいらっしゃると思うので、まずはキッチン用と衣料用のハイターの違いについて説明していきましょう。

衣料用ハイターとの違い

それぞれのハイターに含まれている主な成分は次の通りです。

商 品 名 主 成 分
キッチンハイター 次亜塩素酸ナトリウム、界面活性剤、水酸化ナトリウム
衣料用ハイター 次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウム

成分の効果としては、

  • 次亜塩素酸ナトリウム → 消毒効果、カビの除菌・分解(ハイターの匂いの元)
  • 界面活性剤      → 洗浄成分(汚れを水に溶けやすくする)
  • 水酸化ナトリウム   → 次亜塩素酸ナトリウムを汚れに浸透させる

といった感じで、一目で分かるようにキッチンハイターの方が性能として優れています!

キッチンハイターが漂白しながら洗浄する効果があるのに対して、
衣料用ハイターには洗浄効果はなく、主に黄ばみや黒ずみの漂白や食べこぼしなどの染み抜き用です。

我が家ではいつも大容量タイプを利用しています

created by Rinker
ハイター
¥636
(2021/10/17 15:50:24時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ワイドハイター
¥430
(2021/10/17 15:50:25時点 Amazon調べ-詳細)

キッチンハイターを使うリスク

「それならキッチンハイターだけ使ってれば安心だね!」

と思うかもしれませんが、それは少し考えた方がいいでしょう。
キッチンハイターが衣料用ハイターよりも強力であるということは間違いありませんが、
その分衣類へのダメージが大きくなります。

衣料用ハイターは衣類を傷めないように配慮されているからこそ衣料用と表記されているので、その点を無視してしまうのは危険です。

まず、ハイターの特性としてどちらの製品も色柄物には向きません。
そして、衣料用ハイターは素材を選ばないのに対して、キッチンハイターは綿やポリエステル以外の素材には使わない方が無難です。

キッチンハイターは台所用白いふきんなどの漂白はできるので、その手の素材には配慮されているようですね。



最終兵器としてキッチンハイターを使った私の体験談

どうしても色移りが落ちない…!

そうなってしまった場合のみ、キッチンハイターを使ってみるのはアリです。
参考までに私の体験談をご紹介します。

ある日のこと私は仕事に行くのに時間がなくて、洗った後の洗濯物を干すのを忘れたまま仕事に出かけてしまいました。

先に洗っていた紺色のおしゃれ着の上に洗濯物を放り投げて…。

まあ当然の事ですが帰ってきてみてびっくりです。
ちょうどおしゃれ着の上に重なっていたTシャツに見事に色移りしていました。

焦ってすぐに漂白剤を使ってすすぎ洗いしましたが、一日放置していた色移りがそう簡単に落ちるはずもなく、もうこの服は諦めるしかないと肩を落とします。

ただ、そこでふと思い出しました。

会社のふきんの除菌と染み抜きにキッチンハイターを使っていたこと

当然、キッチンハイターは衣料用ではありません。
ですが、その色移りしていたTシャツは着用し始めてすでに2年目。

ここで捨ててしまって諦めるのなら、だめになってしまってもいいから一度キッチンハイターを試してみてもいいんじゃないの…??

完全に魔が差した瞬間でした

それなら善は急げということですぐに行動に移した私は次のようなことを試しました。

  1. 色移りしたTシャツを広げる
  2. 染み部分に水で薄めたキッチンハイターをピンポイントにかける
  3. 30分程時間を置いてから水でしっかりすすぐ

するとどうでしょう。
先程まで廃棄寸前だったTシャツが白さを取り戻しているではありませんか…!

もちろん、ハイターが残っていたら肌に悪いのでその後すぐに洗濯機で洗いましたが、
この時は状況も味方して全てがうまくいきました。
これを見て実際にやってみようと思った方のために、この時成功したポイントをまとめます。

Tシャツの色移りした部分が白色だった

Tシャツの素材がポリエステルだった(後で気が付きました)

キッチンハイターにつけ込まず染みの部分だけにかけた

キッチンハイターを水で薄めて短時間で洗い流した(キッチンハイターの原液を使ったり長時間漬けると黄色く変色する場合あり

色移りした衣類は今年で捨てようと思っていた

もしもあなたが色移りした服をもう捨てようと考えているなら、一度試してみてもいいかもしれませんね。



色移りした時の簡単な落とし方

それではハイターの特性を理解したところで、なぜ色移りが起こるのかというところから説明していきましょう。
まず、その原因は大きく3つに分けられます。

洗濯によって衣類そのものの色が溶け出す

脱水する際に服の染料が他の洗濯物に移る

脱水後にすぐに干さない

上2つは服のタグに注意書きがあるような、濃色の衣類を一緒に洗濯してしまった場合
よく起こる失敗ですね。
3つ目はあらかじめ気を付けていたとしても濃色の洗濯物等を他の洗濯物と一緒に重ねてしまって、長時間放置してしまった場合に起こりがちです。

どのパターンでも基本的には専用の漂白剤などを使用するべきです。
ですが、わざわざそのために買い物に行くのが面倒な人もいるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、次に色移りをした時に最初にできる簡単な染みの落とし方について紹介します。

乾燥する前に洗いなおす

色移りのシミは一度乾燥してしまったりアイロンをかけてしまった後だとやっかいですが、
基本的には色移りに気付くのが早ければ早いほど落としやすいと言えます。

洗濯機から出してすぐに色移りに気付いたなら、まずはもう一度洗いなおしてみるのが有効でしょう。
その時に、液体洗剤よりも粉末洗剤を併せて使用するとより効果が期待できます。

熱めのお湯で洗う

汚れは40~50度くらいのお湯の方が落ちやすいので、お湯で洗ってみるのもおすすめです。

ただしこの時に気を付けないといけないのは、お湯は熱ければ熱いほど汚れを落としやすくなりますが、その分衣類へのダメージが大きくなってしまいます。

あと、汚れが落ちやすいという事は染料が溶け出しやすい=色落ちしやすいという事も頭の隅に置いておいてくださいね。

重曹で落とす

家に重曹があるのなら、この方法も効果的です。
熱めのお湯に重曹を溶かして、30~40分程つけ置きすると色移りが落ちる場合があります。

さらに重曹を使った他のやり方としては併せてお酢を使用する方法もあり、

  1. タオルなどの上に衣類を置く
  2. スポンジを使って染み部分にお酢を染み込ませる
  3. 染み部分に重曹を振りかける
  4. さらにお酢を染み込ませたスポンジで軽く叩き、タオルに色を移す

という流れの後に衣類を水ですすぎ、もう一度洗濯することで色移りを落とすことも可能です。



色移りを落とすなら簡単な方がいい

いかがだったでしょうか?
キッチンハイターはあくまで衣料用ではないので、今後も着続けたい大切な服やおしゃれ着、白色以外の服にはおすすめできません。

ですが、少しでも簡単に色移りを落としたい時の一つの選択肢として考えてみるのも悪くはないのかもしれませんよ?

以上、色移りはキッチンハイターで落ちるのかについてでした。