子育ての悩み

餃子は何歳から?市販の餃子は食べさせてもOK?手作り餃子のポイント!

私、餃子が大好きで食べたいんだけど、まだ小さい子どもにも食べさせていいのか、心配なのよね…
食べやすく工夫してあげれば、1歳から食べられますよ。刺激の強いものを除いたりして、お子さんといっしょに餃子を楽しみましょう!

小さいお子さんがいると、食事にはかなり気をつかいますよね。でも大人もたまには、好きなものを食べたいし、赤ちゃん用にご飯を別に作ってあげるのもめんどうな日も…。

餃子なら、NG食材を除いて、赤ちゃん用に取り分けるだけで作れるので、大人が餃子を食べたくなっても、いっしょに食べることができます。

ですが!
普通に作った餃子には、油分や塩分が多いので、離乳食期の小さい子にはあげられません

となると、

「うちの子は何歳になったら食べさせてもいいのかな?」と思いますよね。

いったい、何歳まで成長すれば、餃子を大人といっしょに食べられるのでしょうか?

この記事では、

  • 餃子は何歳から食べられる?
  • 市販の餃子を食べさせてもいいのか
  • 餃子を手作りするときのポイント
  • おすすめ手作り餃子レシピ

をご紹介します。

餃子は何歳から食べられる?

一般に、離乳食完了期(1歳~1歳半ごろ)から餃子が食べられるとされています。しかし、いきなりニンニクの効いた餃子を食べさせるのはNG。

最初はニンニクなどを入れずに、中の具だけにしてあげてみてはどうでしょうか。

焼餃子は何歳から?

小さい子どもの食事に餃子を取り入れられるのは、離乳食完了期(1歳~1歳半頃)と言われています。

ただ、普通に焼いた焼き餃子を、そのまま与えるのはNG。ニンニクやしょうがなど、刺激の強い食材を入れずに、手作りするといいですね。

焼き餃子は油を使って焼きますから、油分や、皮の塩分も気になります。そういったときは餃子を茹でてしまいましょう

茹で餃子なら少し早くからOK

餃子を茹でると、油分や塩分が減少します。小さい子にも食べさせやすくなりますね。

最初は焼き餃子ではなく、茹でた餃子を細かく切って、あげてみましょう。慣れてくると焼き餃子を食べたがるかもしれません。

中国では、離乳食に水餃子を食べさせるそうです。栄養がしっかり取れて、餃子の皮を嫌いじゃない子どもなら、野菜をたっぷり入れてもパクパク食べてくれるのだとか。

水餃子に野菜も肉も魚も、いろいろ詰められます。これは参考になりますね……!

餃子の皮は噛みちぎりにくい

餃子の皮はもちもちとしています。小さい子には噛みづらく、小さく切ってあげるのも大変なので、皮なしで中の具だけあげるのがいいかもしれません

ですが、うどんなどもちもちしたものが食べられる子どもなら、餃子の皮も食べられるかもしれませんね。

餃子は中身だけあげる、という方は多いようですね。

市販の冷凍餃子を食べさせるのは何歳から?

味覚形成のために小さいうちは与えない方がいい

市販のものを使う場合、手作りする場合と違って、にんにくなどを取り除くことはできませんよね。

大人と同じように、市販の餃子を小さい子に食べさせるのは、やめたほうがいいです。

一般に、3歳くらいまでに味覚が形成されると言われています。この時期に食事の習慣がつくられてしまうので、とても大切な時期なんですね。

小さい頃から味の濃い食べ物を食べさせれば、味の薄い食べ物を受け付けなくなってしまい、肥満や生活習慣病につながりかねません。

大人と同じように、味の濃い餃子を食べさせるのは、3歳以降にしたほうが安心ですね。

ただ、例えば餃子を細かく切り、ご飯に混ぜてあげたりすると、白米で味が薄くなり、ちょうどよくなるそうです。あまり白米を食べてくれない子でも、たくさんご飯を食べてくれるようになるかもしれません。

市販の冷凍餃子を茹でてもいいの?

焼き餃子より、茹でた餃子のほうが油分・塩分が飛びます。しかし、水餃子より、冷凍の焼き餃子のほうが手に入りやすいですよね。

普通に焼き餃子用の冷凍餃子を茹でてもいいのでしょうか?

焼き餃子用の冷凍餃子を茹でると、皮が破れやすくなってしまいますが、おいしく食べることができます。

鍋に水と冷凍餃子を入れて、ぐつぐつと煮立ったら取り出すだけ。焼き餃子より簡単にできますし、油分や塩分が少し取れるので、小さい子にもあげやすいです。

添加物が心配なら市販の餃子はあげないで

添加物が気になってあげられない、と思われるパパ・ママさんも多いのではないでしょうか?

(↑これは上の写真と同じ、大阪王将の冷凍餃子です。けっこうたくさん添加物が入っているもよう)

市販の餃子や、餃子の皮には添加物が多いですから、それらが気になる場合は、餃子をあげるのはやめておきましょう。

小さい子用餃子を手作りする時のポイント

子ども用餃子を手作りするときのポイントは、

  • 小さい子にNGな食材を取り除く
  • 鶏ひき肉を使って、脂肪分を減らす&口当たりよく
  • 市販の餃子の皮の添加物が心配なら、皮も手作り

です。

餃子の具を子ども用に取り分ける

小さいお子さんがいる場合、餃子を作るとき、大人用と子ども用に分けて作るのが基本です。

小さい子どもにNGな食材と、おすすめの具材を紹介します。

小さい子にはNGな具材

餃子を手作りする際、小さい子用に取り分けるのは、これらの材料を入れる前にしましょう。

  • にんにく
  • しょうが
  • ニラ
  • 調味料

にんにく、しょうがは刺激が強いですから、小さい子にあげられるものではないですね。ニラも苦手な子が多いようですから、最初は避けて作りましょう。

大人用は餃子のタネに塩コショウや醤油、鶏ガラスープの素などを入れると思いますが、子ども用に取り分けるのは、調味料を加える前にしてくださいね。

おすすめは鶏ひき肉

餃子を作る時は、豚肉を使用することが多いと思いますが、小さい子に作ってあげる時は鶏ひき肉がおすすめです。

鶏ひき肉を使うと、豚肉を使うときより脂身が少なくて済みます。また、茹で餃子にすると食感がなめらかになって、食べやすさもアップします。

餃子の皮を手作りする方法も

市販の餃子の皮は、添加物が気になりますよね。実際餃子の皮には添加物が多く、小さい子にあげるのが心配になるもの。

そこで、離乳食用に餃子の皮を手作りする方もいるようです。

市販の餃子の皮を使うときと違って、皮だけ余ってしまうということもなくなりそうです。

餃子の皮の作り方

餃子の皮を手作りするのに必要なものは、小麦粉、ぬるま湯、麺棒くらいで、簡単に作れます。

餃子の皮の作り方
  1. 小麦粉にぬるま湯を少しずつ加えて、よく混ぜる
  2. 硬さが耳たぶくらいになるまで、よくこねる
  3. 生地を1枚分ずつに分ける
  4. 打ち粉をしたうえに生地を置き、麺棒などで伸ばす

もっとくわしい作り方が知りたい方は、こちらのレシピを見てくださいね↓(クックパッドに移動します)

Cpicon 手作り餃子の皮を丸くモチモチに作るコツ by yokkyun

おすすめ餃子レシピを紹介!

餃子を食べたことのない小さい子に、市販の餃子はあげられませんよね。にんにくなどを加えて大人用に作れる、餃子のレシピを紹介します。

入れる野菜などはアレンジして、ぜひ栄養バランスがよくなるように、作ってあげてくださいね。

リンクをクリックするとクックパッドに移動します

レシピ1:水餃子

Cpicon 手づかみ離乳食☆柔らかつるりん水餃子♪ by naoming

こちらは水餃子のレシピ。タネをハンバーグとしても食べているようです。

餃子のタネを作って冷凍しておくと、餃子にもハンバーグにも、いろいろ使えて便利そうですね。

レシピ2:かぼちゃチーズ餃子

Cpicon ★離乳食完了期★かぼちゃのチーズ入り餃子 by ぺこえり。

こちらのレシピはかぼちゃチーズを使っています。餃子の皮を半分に切って、一口サイズに作ると、食べやすくなり、手づかみ食べの練習にもなりますね!

レシピ3:うどん餃子

Cpicon うどんぎょうざ 離乳食 高槻名物 簡単 by たんたんのキッチン

こちらは餃子の皮を使わず、切ったうどんと混ぜて焼いています。写真をみると、お好み焼きやチヂミに似ています!

うどん好きな子なら間違いなく、おいしく食べてくれますね!

[まとめ] 餃子は1歳から食べられるけれど、食材に気をつかって

  • 餃子は離乳食完了期(1歳~1歳半頃から食べられる
  • 3歳までは味覚がつくられる大切な時期。味の濃い餃子は避けて
  • にんにく、しょうが、ニラ、調味料は入れずに手作り
  • 焼き餃子より、茹でた餃子のほうが油分・塩分が少なく安心
  • 水餃子に野菜を入れると好き嫌いなく食べてくれるかも!

いかがでしたか?

理論的には1歳から食べられる餃子ですが、味覚がつくられる時期である3歳までは、味の濃さや刺激の強さに注意しなくてはいけませんね。

とはいえ毎回手作りするのも面倒なもの。子どもが餃子に慣れてきたら、市販の餃子をうまく使って、適度に楽をしてくださいね。