未分類

アーモンドを食べ過ぎて痩せたって本当?ダイエット向きの痩せる食べ方を伝授!

悩める主婦
悩める主婦

アーモンド食べ過ぎて痩せたって人いるけど本当かな?もし本当なら今すぐにでも試したい!!

本当なら試してみたいですよね!

食べ過ぎても痩せられるって最強なダイエット♫

私もその話を聞いてひたすらアーモンドを食べ続けていたことがあります。

食べ過ぎた結果…太るし、肌は荒れるしで悲惨なものでした…

当たり前ですが食べ過ぎは体に良くないですね(笑)

ただ、アーモンド自体は体にいい栄養を豊富に含んでいるので量を守って食べればきれいになれること間違いなし!!

ちゃんと量を守って食べるようにしたら久しぶりに会った友達にきれいになったって褒められちゃいました(笑)

ぜひともアーモンドを味方につけてきれいになって周りの人をびっくりさせちゃいましょう(^^)/

アーモンドの食べ過ぎで痩せる噂の真実とは?

アーモンドの食べ過ぎで痩せるって本当?

痩せないです。むしろ太ります。

アーモンドは食品の中ではカロリーが高めの食品。

100gあたりのカロリーは約600キロカロリーで親子丼1杯と同じ分くらいのカロリーです。

ちなみに大体一握り30gくらいなので3握りの量が100gくらいですね(^-^)

気を付けないとペロッと食べてしまいそうな量だと思いませんか?

そこにプラスして普通の食事も加えてしまえば太るのは当然です。

なぜアーモンドを食べ過ぎて痩せたと言われているの?

食べ過ぎの基準が元々痩せ型の人と普段よく食べる人だと基準値が全く異なるため

 食べ放題に痩せ型の友人と行ったときは私の食べ過ぎとのあまりの違いに驚かされました。

明らかに私が普段食べている量が友人にとっては食べ過ぎの量だったんです!

そりゃ痩せてるよね…と納得したのを覚えています。

アーモンドは量さえ守れば毎日でも取り入れたいキレイが詰まった美容の塊です。

次からはアーモンドの適正量と美容成分についてお話しますね♪

アーモンドの痩せる食べ方【ダイエット向き】

 

ダイエットのためと言って、やみくもにアーモンドを食べていては逆効果です。

アーモンドで痩せるためには、正しい食べ方を知ることが大切です。

ここでは、アーモンドの食べ方や選び方についてお伝えしますね(^_-)-☆

1日25粒までにする

最初の方にもお伝えしましたが100gあたり600カロリーあるアーモンドは高カロリーなので食べすぎ注意!!

目安は1日25粒程度で大体一握りくらいです。

それ以上食べたくなってもキレイになるために我慢しましょう(^^)

アーモンドばかりを食べない

アーモンドにさまざまな栄養が含まれるからといって、アーモンドだけを食べるのは体にとってよくありません。

ダイエットでキレイを達成するためには、単一の食品を食べ続けるのではなく、バランスのいい食事からいろいろな栄養を摂ることが大切です。  

食事で補いきれなかった栄養素をアーモンドで補うことが理想的!

また、小腹が空いた時はカロリーが高い物や糖質が多く含まれている物と置き換えて、アーモンドを摂取することもダイエットには効果的ですよ。 

食塩不使用を選ぶ

アーモンドには、乾燥した生アーモンド、フライされた味付きのもの、ローストした無塩のものなどがあります。

どれもカロリーに大きな差はありません。

選ぶならローストされた無塩アーモンドがオススメ(^^)/

ローストされたアーモンドはしっかりとした噛み応えがあり、余分な油分が加わっていません。

また、無塩のものであれば、アーモンド本来の香ばしさを楽しみ、塩分の取りすぎを防ぐことができるのもいいですよね♫

こちらは無塩なだけじゃなく沢山の種類のナッツが入っているので非常におすすめです↓↓



アーモンドに含まれる4つの美容成分

アーモンドにはたくさんの栄養があり、美容だけではなく健康管理や病気予防など、さまざまな面からサポートしてくれるのがアーモンドの魅力です。

どんな栄養があるのか今から見ていきましょう!

美容成分①肌の若返りに効果的なビタミンE

シミ、シワ、たるみなどの肌や白髪などの老化現象、体の疲れの改善に効果的です。

ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも言われています。

アーモンドはナッツ類の中でも特に多くビタミンEを含んでいます。

100g中に含まれるビタミンEの量は約30mg。

一度に食べる量は少ないですが、それだけでも十分に摂取が可能です。

美容成分②貧血予防に効果的な銅

銅は貧血予防やコレステロール値を正常に保つのに効果的です。

日本人はさまざまな食品から銅を摂取できているので通常不足する事はないとされていますが、欠乏すると貧血が起こったりコレステロール値に異常が見られる場合もあります。

アーモンドの銅の含有量は100g中1.17mgとなっています。1日に必要な量を全てカバーできるほどの量です。1回に食べる量を20〜 30gとしても1日に必要な量の3割は摂取できると考えてよいでしょう。

美容成分③悪玉コレステロールを減らす不飽和脂肪酸

悪玉コレステロールを減らしたり血圧を下げたりして動脈硬化の抑制に効果的です。

アーモンドの栄養成分のうち半分は脂質から構成されています。

しかし、脂質とはいっても良質な脂質とよばれる不飽和脂肪酸の割合が多いのがアーモンドの特徴です。

アーモンドに含まれる不飽和脂肪酸はオレイン酸、リノール酸です。

不飽和脂肪酸は青魚の油に多く含まれる脂肪酸ですが、魚が苦手な人はナッツ類を摂るというのも1つの方法ですね(^^)/

ちなみに同じ脂質でも動物性食品に含まれる飽和脂肪酸は生活習慣病の原因となるのでご注意ください。

美容成分④腸内環境を整える不溶性食物繊維

腸内環境を整えたり有害物質の排泄を促すなど腸の動きを活発にして便秘の改善などにも効果的です。

食物繊維には水に溶けやすい水溶性のものと、水に溶けにくい不溶性食物繊維があります。

どちらも体にとって必要なものですが、それぞれ役割は異なっています。

アーモンドに多く含まれるのは不溶性食物繊維です。

食事の満足感を上げてくれるので、ダイエットをサポートする食品としても活用できますよ。



アーモンドを使ったレシピ

おかずレシピ:「減らソルト」鶏肉のアーモンド揚げ

https://cookpad.com/recipe/6532041

アーモンドを入れることによって香ばしさが出て味に深みが出るので塩分の量が少なくても物足りなくありません。

美味しいのに減塩って最高ですよね♫

これならお弁当のおかずにも使えて便利です。

おつまみレシピ:海老しんじょうのアーモンドチーズ焼き

https://cookpad.com/recipe/6524692

このレシピはおつまみに最高です!

衣にアーモンドを使っているので油で揚げると香ばしさとカリカリ食感が出て箸とお酒が止まりません(笑)

チーズを入れているのがまたたまらん!

サラダレシピ①春菊と豆腐のサラダ

https://cookpad.com/recipe/6536358

私の大好きな春菊を使ったサラダです。

アーモンドは書いてあるものでなくても食塩不使用のものなら何でも大丈夫です。

低カロリーで高たんぱくなのでダイエットにはうってつけのサラダですね(^^♪

サラダレシピ②納豆のネバカリっ♫とサラダ

https://cookpad.com/recipe/6555342

まさかの納豆を使ったサラダです。

食べ応えのある食材がたくさん入っているので満足感がすごい!

栄養価も高いのでダイエットでも健康管理のサラダとして重宝しますよ♪

まとめ

疑問:アーモンドは食べ過ぎて痩せるのか

答え:痩せない。むしろ太る。

アーモンドの限らず食べ過ぎて痩せられるものなどないと思います。

何事もバランスが大事です。

アーモンドは体にいい栄養をたくさん持っていますが、カロリーも高めの食品。

いつも食べてるお菓子の代わりや料理に少し入れてみたりして食事では補いきれない栄養素を補う意味で使ってあげるといいのではないでしょうか。

1日の摂取量は25粒程度で大体一握り分です。

アーモンドを生活の中にうまく取り入れて一緒にキレイになってみませんか。