未分類

チョコレート効果、ダイエット中は何枚食べるのがよい?【食べ過ぎると3つデメリット】

チョコレート効果をダイエット中に何枚食べるのがいいの?

高カカオのチョコレート効果はダイエットにはいいとは聞くけど、実際何枚食べるのが理想的なのでしょう。

  • チョコレート効果はダイエットに何枚食べるのがいいのか?
  • 食べすぎるとどうなるのか?
  • いつ食べたらいいのか?

気になりますよね。

チョコレート効果はダイエット中、1日3枚~5枚くらいを毎日コツコツ食べるのがおすすめなのです。

ここでは

  • 毎日1日3枚~5枚くらいを食べるとよい理由
  • チョコレート効果を食べすぎるとどうなるのか?
  • チョコレート効果の食べ方、いつ食べればいいのか?

についてまとめました。

チョコレート効果を上手に使って、甘いものを我慢せずにダイエットを成功させましょう!

チョコレート効果をダイエット中は何枚食べるとよい?

チョコレート効果はダイエット中に1日に3枚から5枚ほどを食べるとよいです。

ダイエット中の間食は150キロカロリーくらいに抑えたいところ。

1枚が5グラムのチョコレート効果は、3枚~5枚でちょうそのくらいになります。

チョコレート効果をたくさん食べすぎると、脂質や糖質の摂り過ぎにもなってしまうので注意が必要です。

1枚食べたとき

  チョコレート効果カカオ72% チョコレート効果カカオ86% チョコレート効果カカオ95%
kcal 28 29 31
糖質 1.6 1.0 0.6
脂質 2.0 2.3 2.6

3枚食べたとき

  チョコレート効果カカオ72% チョコレート効果カカオ86% チョコレート効果カカオ95%
kcal 84 87 93
糖質 4.8 3.0 1.8
脂質 6.0 6.9 7.8

5枚食べたとき

  チョコレート効果カカオ72% チョコレート効果カカオ86% チョコレート効果カカオ95% 
kcal 140 145 155
糖質 8.0 5.0 3.0
脂質 10.0 11.5 13.0

カカオが多く含まれているチョコレートの方が脂質が高くなっています。

カロリーだけでなく、脂質や糖質もとりすぎないように注意したいですよね。

思わずたくさん食べすぎてしまわないようにして、上手にチョコレート効果をとり入れてみてください。

created by Rinker
明治
¥920
(2022/10/03 14:49:50時点 Amazon調べ-詳細)



チョコレート効果を食べ過ぎるとどうなる?

チョコレート効果は3枚~5枚くらいがちょうどいいことをお伝えしました。

ではそのチョコレート効果を食べ過ぎるとどうなるのでしょうか?

体にどんな影響があるのかお伝えします。

高カカオチョコレートでも食べすぎると太る

高カカオチョコレートは普通のチョコレートより糖質は抑えてあります。

だけど、脂質は少し高め。

意外なことに、高カカオチョコレートのカロリーも普通のチョコレートのカロリーとあまりかわりません。

高カカオチョコレートを油断して食べ過ぎると、太る原因になってしまいます。

カドミウムの摂り過ぎにより腎臓の働きが悪くなる

カドミウムってなに??って思いませんか?

カドミウムとは、水中や土壌中に存在する重金属の一種。

食べ物に重金属が含まれている、と聞くとドキッとしますよね。

だけど、カドミウムは水中や土壌で育つ、ほぼすべての食品に含まれているものなのです。

このカドミウムを摂りすぎると、腎臓に機能障害が出たり骨が弱くなったりします。

厚生労働省によると、

健康に影響が現れないカドミウムの摂取量:体重50kgの場合、1日50μg

食品中のカドミウムの耐容週間摂取量(一生涯にわたり摂取し続けても健康影響が現れない1週間当たりの摂取量の指標:TWI)は、2007年に食品安全委員会で検討中の「汚染物質評価書(案)食品からのカドミウム摂取の現状に係る安全性確保について」で示された数値によれば7μg/kg・体重とされている。

引用:厚生労働省 高カカオをうたったチョコレート(結果報告)より

チョコレート効果の場合、3~5枚程度なら特に問題はありません。

【チョコレート効果カカオ86%の場合】

チョコレート効果カカオ86% カドミウム量(μg)
1箱(70g)14枚 10.5
3枚 2.25
5枚 3.75

ただ、他の食品でも摂取することがあります。

他の食品で摂取した分も含めると1日の許容量を超えてしまう、ということもありますのでやはり食べすぎないことが大事ですね。

ニキビができる原因になる

「チョコレートを食べすぎるとニキビができる」って思っていませんか?

実は、チョコレートが原因でニキビができるという直接的な関係はありません。

ではなぜ、チョコレートを食べ過ぎると、ニキビができると言われるのでしょうか?

ニキビの原因は「過剰に分泌される皮脂」です。

チョコレートをたくさん食べることで、糖質や脂質を摂り過ぎてしまいます。
結果的に皮脂の分泌量が増えるのでニキビができてしまうのです。

過剰に分泌された皮脂が毛穴にたまりやすくなり、結果的にニキビができてしまう、ということなのですね。

美容のことも考えて、食べすぎないようにしましょう。



チョコレート効果の食べ方、いつ食べるといい?

チョコレート効果を食べるときに、大切にしたいのがタイミングです。

いくら食べていいからといって、寝る直前に食べるのではダイエット効果が得られませんよね。

チョコレート効果を食べるのに、おすすめのタイミングをお伝えします。

少量を数回に分けて食べる

チョコレート効果は3枚~5枚を数回に分けて食べることをおすすめします。

チョコレートにはカカオポリフェノールという成分が含まれています。

このカカオポリフェノールは老化防止に役立つと言われているのですね。

ただ、残念ながらカカオポリフェノールは体内に長くとどめておくことができません。

一度にたくさん食べても、2~4時間ほどで体から排出されてしまうのですね。

そのため、時間をおいて少しずつ食べる必要があるのです。

食前に食べれば食べすぎ防止になる

食前に食べることで満腹中枢を刺激してくれるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

空腹感を感じないためには、血糖値を緩やかに上昇させることが大切です。

チョコレート効果は、「血糖値を緩やかに上昇させる」ことで空腹感を感じにくくするチョコレート

食前に食べる時間の目安としては、食事の20分くらい前がいいですね。

14時から16時に食べると脂肪をため込みにくい

ダイエット中におすすめなのが、14時から16時の間に食べることです。

この時間は体内に脂肪をため込むたんぱく質の分泌が最も少ない時間です。

そのため、間食で食べるならこの時間がベスト!

また、ちょうど小腹が空いてくるタイミングでもあります。

太りたくない人はこの時間にチョコレート効果を1つか2つ食べて、小腹がすくのをおさえましょう。

運動前に食べるとすばやくエネルギー補給ができる

すばやく体のエネルギー源になるチョコレート。

運動前の糖質補給に最適です。

運動中のエネルギー不足になることも防いでくれますよ。

さらには、運動のパフォーマンスを上げる成分もたくさん含まれていますので

チョコレート効果を食べることで

  • 筋肉の疲労を回復
  • 体脂肪燃焼を促す
  • 集中力アップ
  • 筋肉を増やす

などといった効果も期待できます。

さすが「美と健康を考えた」チョコレートですね。

チョコレート効果の成分にはカフェインが含まれているため、妊娠中、授乳中の方は食べすぎにご注意ください。



まとめ

チョコレート効果はダイエット中に、1日3枚~5枚食べるとよいということでした。

チョコレート効果食べすぎるとどうなる?

  • 高カカオでも太る
  • カドミウムの摂り過ぎにより、腎臓の働きが悪くなる
  • ニキビができる原因になる

チョコレート効果の食べ方、いつ食べるといい?

  • 少量を数回に分けて食べる
  • 食前に食べれば食べすぎ防止になる
  • 14時から16時に食べると脂肪をため込みにくい
  • 運動前に食べるとすばやくエネルギー補給ができる

甘いものを我慢をしすぎたせいでリバウンドをしてしまうと悲しいですよね。

つらいダイエットには心のやすらぎが必要です。

チョコレート効果を上手にとり入れて一緒にダイエットをがんばりましょう!