その他

ダイソーVRゴーグルの売り場は?販売中止は本当?セリアやドンキなどのおすすめ商品も

ダイソーでVRゴーグルが売ってるって聞いたんだけど、どこの売り場に置いてあるの?

VRゴーグルを試してみたいけど、数千円程度するし、ダイソーなどの100均で手に入るなら買って試してみたいですよね。

結論から言うと、残念ですがダイソーのVRゴーグルは販売中止となってしまったんです。

けれど、諦めるのはまだ待ってください!

ダイソー以外でも、安価でVRゴーグルを手に入れる方法があるんです。

  • フリマサイトで探す
  • 他の100均(セリアやキャンドゥ)で買う

他にも、VRゴーグルの値段は少し高くなりますが、ドンキやエディオンでも買うことができるので、詳しくは後ほどお伝えしますね。

そこで今回は

  • ダイソーのVRゴーグルの売り場はどこ?
  • VRゴーグルはどこで売ってる?販売店とおすすめ商品3選
  • VRゴーグルを自作してみよう

についてまとめています。

「VRゴーグルをなるべく安く買いたい!」という人は、ぜひ購入の参考にしてみてください。

ダイソーのVRゴーグルの売り場はどこ?

ダイソーのVRゴーグルは販売中止(2022年4月時点)

非常に残念ですが、ダイソーのVRゴーグルは販売中止となってしまったんです。

「ダイソーのVRゴーグルがすごい!」という噂を耳にして探し歩いた人にとっては、とても悲しいお知らせですね。

ダイソーのVRゴーグルは、以前は携帯・スマホアクセサリーなどが陳列されたコーナーに売り場が設けられていました。

生産終了後は、その事実を知らない人の「どこにも売っていない」「手に入らない」といった嘆きの声がしばらくSNSを中心に多く見受けられたようです。

何でそこまで大人気だったんだろう?安さ以外に買いたいって思わせるようなポイントがあったの?

ここがすごい!ダイソーのVRゴーグルの機能や特徴

ダイソーのVRゴーグルは、当時500円(税込み550円)というダイソー内でも高めの金額設定で販売されていました。

ただ、家電量販店などで売られているVRゴーグルと比べれば格安であることは間違いないですよね。

他社製品とどれほどの価格差があるのかまとめてみました。

ブランド(製品名) 商品価格
ダイソー VRゴーグル 550円(税込)
Oculus Quest 2 128GB 37,180円(税込)
エレコム VRG-M02RBK 4,280円(税込)
サンワサプライ 400-MEDIVR2 2,480円(税込)

ビックカメラ.com調べ

価格だけを見れば、ダイソーがいかに低価格かがわかります。

ダイソー VRゴーグルの商品詳細

商品名 バーチャルリアリティVRゴーグル
内容物 VRゴーグル、レンズクリーナーシート、クッションシート
対応機種 iPhone、スマートフォン / 160mm×80mm以内のもの
機能や性能など
  • レンズ位置の調節可能
  • 固定用ヘッドバンド
  • 保護クッション付き
  • イヤホンやケーブルを簡単接続(充電しながら視聴可能)
  • VR&AR対応(対応アプリをインストール)
備考
  • スマートフォンにVRアプリケーションをインストールして使用(App StoreかGoogle Playからダウンロード可)。
  • パッケージサイズ 20cm×14cm×11.5cm

説明書は同梱されていませんが、パッケージの側面に使い方などが記載されています。

上級者には少し物足りないかもしれませんが、VRゴーグルを初めて買う人には十分楽しめる機能が備わっていることがわかりました。

メルカリなどのフリマアプリで手に入る可能性あり!

ダイソーのVRゴーグルがどうしても欲しいという人は、一度メルカリなどのフリマアプリで探してみてはいかがでしょうか。

「ダイソー VRゴーグル」で検索をするとかなりの数がヒットします。

ほとんどが中古商品ですが、新品で出品している人もいるようですよ。

ダイソーVRゴーグルの定価は、550円。

販売中止となってしまい、メルカリでの相場は中古でもなんと1,000円前後!

うーん、少しもったいない気もしますね…。



VRゴーグルの販売店とおすすめ商品3選

100均ショップ(セリア・キャンドゥ)

100円ショップでは、セリアやキャンドゥでもVRゴーグルが売っています。

どちらもダイソーと比べたら見劣りしますが、100円で手軽に始められますので初めてVRを体験する人は購入を考えてみてはいかがでしょうか。

セリア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆう(@obtshopyuzo)がシェアした投稿

【セリア】

  • 段ボール製
  • 対応機種は、iPhoneまたはスマートフォン(160mm×80mm以内のもの)
  • 組み立て式

キャンドゥ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みか☆りん@JKS(@mike_o_rin)がシェアした投稿

【キャンドゥ】

  • 組み立て不要
  • 眼鏡型
  • 大きなレンズが特徴

ドンキ

ドンキのオリジナル商品ブランド「情熱価格」でも、VRゴーグルが販売されています。

3,980円と100均の物より高い値段設定ですが、組み立てなどは不要で作りもしっかりしています。

ゴーグルとヘッドホンの一体型で、没入感が楽しめると人気ですよ。

家電量販店(エディオン・ヨドバシカメラなど)

家電量販店では、さまざまなメーカーのVRゴーグルが販売されています。

価格は1000円程度のものから、数万円するものまで様々です。

ネットショップ(Amazon・楽天など)

大手ネット通販でもVRゴーグルを買うことができます。

ネットショップは品揃えが豊富で価格もピンキリなので、自分に合ったVRゴーグルが必ず見つかると思います。

おすすめのVRゴーグルはコレ!

VRゴーグルは、大きく分けると

  • スタンドアロン型…VRゴーグル本体のみでVRが楽しめる
  • スマホ着脱型…スマホを利用してVRが楽しめる
  • パソコン接続型…パソコンに接続してVRが楽しめる

上記の3種類が存在します。

価格は、「スマホ着脱型<スタンドアロン型<パソコン接続型」といった感じですので、手軽に始めたいのであればスマホ着脱型がおすすめです。

今回は、家電量販店やネットショップで販売されている「スマホ着脱型」のおすすめVRゴーグルを3つ紹介します。

エレコム VRG-XEHR01BK [ブラック]

対応機器 4.8~7インチスマートフォン
本体サイズ/重量 210x94x250mm / 400g
機能など
  • フロントカバー開閉式のVRゴーグルと、Bluetooth対応VRリモコンのセット。
  • 専用VRアプリを使用することでVR動画を楽しめます。
  • VRゴーグルを装着したまま、再生/一時停止などの各種操作が手元で行えます。

サンワサプライ MED-VRG3

created by Rinker
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥3,950
(2022/10/03 17:04:12時点 Amazon調べ-詳細)

対応機器 4.7~6インチ スマートフォン
本体サイズ/重量 200×96.5x258mm / 492g
機能など
  • YouTubeやVRアプリなどで公開されている全天球動画(360度ビデオ)や、3D映像対応の動画を楽しめます。
  • 密封性が高い大型イヤーパッドのヘッドホン付き。
  • VRゴーグルを装着したまま、再生/一時停止などの各種操作が手元で行え、着信時は再生ボタンを押せば装着したまま受話が可能。

Smaly VRゴーグル クラシック

created by Rinker
スマリー(SMALY)
¥2,680
(2022/10/03 01:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

対応機器 4.0~6.0インチ スマートフォン
本体サイズ/重量 219×92.5×196mm / 500g
機能など
  • 通気性の高い構造で本体やスマホに熱がこもるのを防ぎます。
  • 便利なBluetoothリモコン付き
  • 長さ調整できるヘッドホンが内蔵されているため、音漏れが起きにくくサウンドにも集中できます。

価格以外にも選ぶポイントは人それぞれですので、気になる商品があったらぜひ調べてみてくださいね。



VRゴーグルを自作してみよう

材料は、全て100円ショップで手に入る!

おすすめのVRゴーグルを5つ紹介しましたが、実はVRゴーグルは自作できることを知っていましたか?

しかも、材料は全て100円ショップで揃えることができるんです!

工作が好きな人やお子さんの夏休みの宿題など、この機会にぜひ自作に挑戦してみてはいかがでしょうか。

材料

  • 段ボール(厚紙でもOK)
  • ミニルーペ(ダイソーなど100円ショップで購入できます。)
  • マスキングテープ
  • カッター
  • 両面テープ
  • コピー用紙
  • 筆記用具

簡単VRゴーグルの作り方

手順は下記の通りです。

時間と手間はかかりますが、そこまで複雑な作業はありませんので安心してくださいね。

作業手順

  1. 型紙をダウンロードする。→Google cardboard 公式サイト
  2. ダウンロードした型紙を印刷し、両面テープやのりなどで繋げます(型紙は複数枚印刷されます)。
  3. 型紙通りに段ボールをカットします。
  4. 組み立てる際に折り曲げる部分には、軽く切り込みを入れておきます。
  5. 設計図通りに組み立てます(レンズは途中ではめ込みます)。

ダウンロードしたファイルを展開すると「Google Cardboard IO 2015 Technical Drawings」というフォルダがあります。

このフォルダの中にある「Viewer-Body.dxf」「Viewer-Body.pdf」というファイルが設計図となります。

100円ショップのミニルーペはサイズが少し小さいため、レンズ穴は型紙より少し小さめにしておくのがコツです。



【まとめ】自分好みのVRゴーグルを探してみよう

  1. ダイソーのVRゴーグルは、携帯・スマホアクセサリーコーナーに売り場が設けられていたけれど、2022年3月に生産が終了
  2. セリアやキャンドゥなどの100円ショップでもVRゴーグルは手に入る
  3. VRゴーグルは性能などにより価格差が大きいため、最終的には自分がどのようなものが欲しいかで購入を決めよう

ダイソーのVRゴーグルは残念ながら生産が終了していますが、他の100円ショップや他社のVRゴーグルもとても魅力ある商品です。

VRゴーグルの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。