家事の悩み

へアイロンをつけっぱなしは危険?火事を防ぐ4つの方法を解説【おすすめ商品の紹介も】

ヘアアイロンをつけっぱなしで外出しちゃった!!火事にならないかな?

例えば

  • ヘアアイロンってつけっぱなしにしても自動で消えてくれるのかな?
  • ヘアアイロンの電源を切ったかどうか、正直あいまいで覚えてない。

と、外出先で、「ヘアアイロンの電源を切り忘れたかも」と気づいたときに、急に不安になりますよね。

結論から言いますと、

ヘアアイロンをつけっぱなしにすると火事になる可能性はゼロではありません。

ヘアアイロンの熱によってティッシュやコットンに引火することも考えられるから。

ただし、火事になりやすいということではないので落ち着いてくださいね。

その理由についてものちほどお伝えします。

この記事では

  • ヘアアイロンをつけっぱなしにした時の対処法
  • ヘアアイロンで火事にならないための工夫
  • つけっぱなしにしてしまったときの電気代
  • おすすめのヘアアイロン

についてまとめています。

ヘアアイロンをつけっぱなしにした場合、どういう危険があるかを確認して早めに対応してくださいね。

ヘアアイロンをつけっぱなしで火事になる?


ヘアアイロンをつけっぱなしで火事になる可能性はゼロではないので、早めに確認することが大事。

近くに燃えやすいものがあれば、引火する可能性がある

ヘアアイロンを使うときに近くに燃えやすいものがあった場合、消し忘れたことで引火してしまう可能性も考えられます。

  • ティッシュ
  • コットン
  • 布団
  • ビニール

など、燃えやすいものや熱に弱いものをそばに置くと危険。

熱による変質や変形、さらに火災の原因にもなります!

電化製品は本体だけでなく、コードやプラグから火事になることもあります。

燃えやすいものが近くにある場合は注意してください。

電源が切れているかは早めに確認する【対処法も】

確実に安心できる方法は、やはり実際にヘアアイロンを確認することです。

外出先でヘアアイロンの電源をつけっぱなしにしたことに気が付いたときは

  • 安全確認のため出来れば一度帰宅する
  • 家族が近くに住んでいたら確認をしに行ってもらう
  • 管理会社や大家さんに連絡する

といった方法で、早めに電源が切れていることを確認しましょう。

ヘアアイロンの温度で火はつきにくい

ヘアアイロンを使うときって120℃~180℃前後で設定することが多いのではないでしょうか?

実は180℃くらいの温度では木や布は発火しません。

物質 発火温度
木材 250度~260度
布(綿) 260度
布(ポリエステル) 490度~560度
新聞紙 291度

タバコの火やガスコンロのように、直接火を使わないので燃える可能性は低くなります。

実際、火災の原因のランキングを見てみると

  • 1位:たばこ
  • 2位:たき火
  • 3位:こんろ
  • 4位:放火
  • 5位:放火の疑い

となっていて、「ヘアアイロンなどの電化製品が火災の原因」になった数は多くはありませんでした。

参考:総務省消防庁(令和2年度消防白書)

安全装置が働くので自動的に消える

ヘアアイロンには安全装置がついているものが多く、ほとんどのヘアアイロンは自動的に電源が切れるようになっています。

機種にもよりますが、ヘアアイロンは約30分~60分で自動的に消える設定になっているものが多いですね。

ただヘアアイロンによっては

  • 使い続けるうちに安全装置が働かなくなった
  • 古い機種または、安い機種を買ったのでそもそも安全装置がついていない

というものもあります。

いつも準備でバタバタするという場合は、ぜひ自動電源OFF機能がついたヘアアイロンを使ってみてください。



ヘアアイロンで火事にならないための工夫4選

ヘアアイロンの近くに燃える可能性のあるものを置かない

ヘアアイロンを使っている場所に多くのモノが置いてあるのは危険です。

ちょっとヘアアイロンを置いたときにモノが当たってしまい燃えてしまう可能性もあります。

例えばヘアアイロンを使って置いた場所に

  • 化粧品
  • プラスチックの小物
  • コットン
  • タオル

などが直接触れないように気を付けましょう。

ヘアアイロンを使い終わったらコンセントから抜く

コンセントから抜く作業をするだけで火事になる可能性は減らせますよね。

ただ、注意したいのがコンセントから抜く順番。

  1. 電源を切る
  2. コンセントから抜く

いきなりコンセントから抜く

いきなりコンセントから抜くと故障の原因になったり、プラグが劣化してそこから火災の原因になる可能性もありますよ!

使い終わったヘアアイロンにコードを巻き付けない

ヘアアイロンも電化製品です。

コードを巻き付けるのはおすすめしません。

特に熱いままのヘアアイロンに巻き付けるのは危険です!

コードに負荷がかかり、断線する場合も・・・

【断線した場合に起こる可能性】

  • やけど
  • 感電
  • ショートによる火災

(参考:Panasonic ストレートアイロンナノケア取り扱い説明書より)

巻き付けるのではなく折りたたんで収納するようにしましょう。

耐熱ポーチ・マットを使う

耐熱マットを使うと熱いヘアアイロンをちょっと置くのにも安心!

マットのみ、ポーチのみの製品もありますが、どちらも兼ねている製品もあるんです。

こちらのマットは耐熱温度の高いポーチとしても使えるすぐれもの。

最大250℃まで耐えらます。

ひとつあれば、持ち運びするときにも使えますよね。



ヘアアイロンを12時間つけっぱなしにしたときの電気代は?

外出先でヘアアイロンのつけっぱなしに気がついたけど家に帰るのは12時間後・・・

なんていう場合。

心配なのは、高額になるかもしれない電気代ですよね。

例えば12時間つけっぱなしにした場合、どれくらい電気代がかかるのかを調べてみました!

サロニア24cmを12時間つけっぱなしの場合

①消費電力 0.04kw
②電気代(1時間当たり) 27円
③使用時間 12時間
かかった電気代(①×②×③) 12.96円

12時間つけっぱなしにしても電気代は約13円です。

安全装置が働く場合

【60分で自動的に電源が消えるタイプ】

①消費電力 0.04kw
②電気代(1時間当たり) 27円
③使用時間 1時間
かかった電気代(①×②×③) 1.08円

1時間で電源が消えるタイプは約1円です。

【30分出自動的に電源が消えるタイプ】

①消費電力 0.04kw
②電気代(1時間当たり) 27円
③使用時間 0.5時間
かかった電気代(①×②×③) 0.54円

30分だと1円にも届かない金額でした!

高額の請求はありませんので、安心してください。

電気代は、住んている地域や季節によって多少の違いはあります。



オートパワーOFF機能付!おすすめのヘアアイロン3選


ここではオートパワーOFF機能付きのおすすめヘアアイロンを3つご紹介します。

サロニア/ストレートアイロン(SL-004S 24cm)

最高温度 230℃
電源OFFまでの時間 約30分

電源を入れて30秒ほどで120℃になるため、急いでいる朝にはサッとストレートになるのがうれしいですね。

パナソニック/ストレートナノケア(EH-HS0E)

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥21,000
(2022/09/25 07:27:19時点 Amazon調べ-詳細)

最高温度 200℃
電源OFFまでの時間 約60分

自動電源OFF機能のほかに、スタンバイモードという機能もあります。

スタンバイモードとは

温度設定を200℃(または185℃)にしたまま、使用しない状態で約10分間放置すると自動的に170℃に低下する機能

立ち上がりは20秒(通電後、使用可能な温度に達する時間)という速さ!
大手のメーカーなのも安心ですよね。

サロンムーン/ミラーイオンストレートヘアアイロン(24mm)

最高温度 230℃
電源OFFまでの時間 約30分

立ち上がり時間は120℃になるのに45秒かかります。

ヘアアイロンにはめずらしい液晶モニター付き。

設定温度がデジタル表示されているので温度が一目でわかる見やすさです。

LDKthebeautyでベストコスメ受賞!



まとめ【ヘアアイロンで火事になる可能性はゼロではない】

ヘアアイロンをつけっぱなしにして火事になる可能性はゼロではありません。

ヘアアイロン自体の温度は火事になるほど高くはありませんが、他のものに引火してしまう可能性もありますので注意は必要ですね。

火事にならないための工夫

  • ヘアアイロンの近くに燃えやすいものを置かない
  • ヘアアイロンを使い終わったらコンセントから抜く
  • 使い終わったヘアアイロンにコードを巻き付けない
  • 耐熱ポーチや耐熱マットを使う
  • 自動的に電源が切れる機能が付いたヘアアイロンを使う

電源が切れているかは早めに確認するようにしましょう。

確認できないときのために、普段から耐熱マットや自動電源OFF機能付ヘアアイロンを使うと安心ですよ☆