未分類

毛玉取りは家にあるもので代用!スポンジやカミソリを使ったおすすめの取り方をご紹介!

お気に入りのセーター、何回も着てたら毛玉ができちゃった!

セーターなどのニット素材の服って、気づくと毛玉ができていますよね。

毛玉をなんとかしてきれいに取りたいけど、毛玉取り機は持ってないし…。
家にあるもので代用できないかな?

毛玉は気になるものの、「毛玉取り機をわざわざ買うのも気が引ける」という方も多いのではないでしょうか?家にあるものを使ってきれいに取れたら嬉しいですよね!

実は毛玉取りは、家にあるカミソリや食器洗い用のスポンジで代用できるんです♪

詳しいやり方やメリット・デメリットをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください!

この記事では、

  • 毛玉取りに代用できるものとは?
  • 毛玉の発生を防ぐポイント

についてご紹介していきます!

家にあるものを使って、気になる毛玉を撃退しちゃいましょう!

毛玉取りに代用できるもの3選!

毛玉取り機を持っていなくても、家にあるものを使って毛玉を取ることができます。
毛玉取りに代用するものとしておすすめなのは、以下の3つです!

【毛玉取りに代用できるもの】

一つずつ詳しく見ていきましょう!

食器洗い用のスポンジ

実は、食器洗い用のスポンジが、毛玉取りとして代用できます。

ただし、使うのは水を吸収する柔らかい面ではなく、固いナイロンの部分です。

【スポンジで毛玉を取る手順】

  1. 毛玉が気になる衣類を平らなところ(机の上など)に置く
  2. 毛玉がある箇所をまっすぐに伸ばす
  3. ②をスポンジの固い方の面で優しくこする

実際にスポンジを使用して毛玉を取っている動画です↓

スポンジの固い面に毛玉を引っかけて優しくこすり取るようなイメージですね。

あまり強くこすってしまうと生地が毛羽立つことがあるため、力を入れすぎないよう注意しましょう!

スポンジでの毛玉取りの特徴

スポンジを使った毛玉取りは、引っかかりやすい「毛足が長く大きな毛玉」を取ることに向いています。反対に、「毛足が短く小さな毛玉」には反応しにくいといった特徴があります。

そのため、スポンジを使った毛玉取りのメリット・デメリットは以下のことが考えられます。

【メリット】
大きめで目立つ毛玉をサッと取ることができる

【デメリット】
細かい毛玉は取りにくく、残ってしまう

そこで、スポンジを使った毛玉取りは、「目立つ毛玉だけでも短時間でサッと取りたいとき」に有効な手段と言えるでしょう。

カミソリ

続いては、カミソリを使って毛玉を取る方法をご紹介します。

意外にも、カミソリで毛玉がごっそり取れるのです!

【カミソリで毛玉を取る手順】

  1. 毛玉が気になる衣類を平らなところ(机の上など)に置く
  2. 毛玉がある箇所をまっすぐに伸ばす
  3. ②の上でカミソリを滑らせるようにして毛玉を取る

実際にカミソリで毛玉を取っている動画です↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NTエクスプレス【理美容器具専門】(@kazakiri_beauty)がシェアした投稿

カミソリを使えば、この動画のようにきれいに毛玉を処理できるのでおすすめです♪

ただし、生地が切れたり破れたりする危険性もあるため注意が必要です。生地をなるべく傷つけないように、以下の点に注意しましょう。

  • 必ず平らなところで行う
  • カミソリの進行方向を斜めにしない
  • 新品のカミソリはなるべく使わない

カミソリの進行方向によっては、生地が切れてしまうことがあります。必ず平らなところで行い、進行方向はまっすぐにしましょう。

また、新品のカミソリを使うと生地が切れやすいため、使い古しのカミソリを使う方が安心です。

カミソリでの毛玉取りの特徴

カミソリを使った毛玉取りは、細かい毛玉まできれいに取りやすいという特徴があります。ただし、スポンジに比べて生地に当たる面積が狭いため、時間がかかるという面もあります。

そこで、カミソリを使った毛玉取りのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】
小さくて細かい毛玉まできれいに取りやすい

【デメリット】
生地に当たる面積が狭いため、時間がかかる

そこで、カミソリで毛玉を取るのは、「時間がかかってもいいから細かい毛玉まできれいに処理したい」という時がおすすめです。

ハサミ

ハサミを使った毛玉取りは、すでにやっている方も多いのではないでしょうか?

こちらは、ハサミを使って毛玉を一つ一つ切り取っていくという方法です。使うハサミは、大きなものよりも眉用などの小さいものを使うのがおすすめです。

ハサミでの毛玉取りの特徴

ハサミを使って毛玉を一つ一つ切っていく場合は、スポンジやカミソリのように衣類の表面をこするわけではないため、衣類への負担を少なくすることができます。

ただし、時間がかかるところは難点です。

ハサミを使った毛玉取りのメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】
衣類への負担を最小限に抑えられる

【デメリット】
毛玉を一つ一つ処理するため時間がかかる

そこで、「毛玉がそれほど多くなく、極力傷つけたくない大切な衣類」であれば、ハサミを使って丁寧に毛玉を取るのがおすすめです。

それぞれの特徴まとめ

先ほどご紹介した3つの毛玉取り方法の特徴をまとめると、以下のようになります。

  スピード 仕上がりのきれいさ ダメージの少なさ
スポンジ
カミソリ
ハサミ

そこで、用途に合わせてどの方法が良いか選んでみてくださいね!

「大まかに取れればいい」「スピード重視」→スポンジ

「細かい毛玉まできれいに取りたい」→カミソリ

「衣類へのダメージを極力抑えたい」→ハサミ

毛玉ができないように予防するには?

ここまで、家にあるものを使ってできる毛玉取りの方法をご紹介してきました。
しかし、どの方法も衣類の繊維を削っているわけなので、少なからず生地にダメージは与えていることになります。

衣類のダメージを抑えたいという方は、そもそも毛玉ができないように予防することが大切です。

そこでここからは、毛玉を予防する方法についてご紹介していきます!

まず、毛玉予防のポイントは、着用するときと洗濯するときにあります。

この2つの場面で注意するポイントを押さえておけば、毛玉を予防することができますよ♪

着用時のポイント

毛玉予防のために、着用時には以下の点に気をつけましょう。

  • 何日も連続で着ない
  • こまめにブラッシングをする

何日も連続で着ない

毛玉を予防するためにまず大事なことは、何日も連続で着ないで、衣類を休ませる時間をつくることです。

衣類は、着ているうちに摩擦によって繊維が毛羽立ちます。そして、それらが絡み合うことで毛玉になってしまうのです。

そこで、一度着た衣類は3日ほど休ませてから再び着用するようにしましょう。日数を空けることで繊維の毛羽立ちが落ち着き、毛玉ができるのを予防することができます。

こまめにブラッシングをする

できれば、着用後にこまめにブラッシングをすると、より毛玉の予防に効果的です。

ブラッシングをすることで繊維の流れを整えることができ、繊維同士が絡まって毛玉ができるのを防ぐことができます。

専用のブラシが販売されているので、気になった方はチェックしてみてください↓

created by Rinker
マーナ(Marna)
¥1,173
(2021/10/28 08:58:45時点 Amazon調べ-詳細)

洗濯時のポイント

着用時だけでなく、洗濯する際にも毛玉を防ぐポイントがあります。

  • ぴったりサイズのネットに入れて洗う
  • 柔軟剤を使う

ぴったりサイズのネットに入れて洗う

まず、ニットなどの毛玉ができやすい衣類を洗濯する際は、なるべくぴったりサイズの洗濯ネットに入れるようにしましょう。

衣類のサイズに対して大きなネットに入れてしまうと、ネットの中で衣類が動き摩擦が起きてしまいます。そこで、洗濯時の摩擦を防ぐため、なるべくぴったりサイズのネットを使うのがおすすめです。

柔軟剤を使う

洗濯する際に、洗剤とあわせて柔軟剤を使うのも効果的です。

毛玉ができる原因の一つは、静電気によって繊維同士が絡まること。
柔軟剤は、その静電気の発生を抑えてくれる働きがあるため、毛玉防止に効果的なのです。

まとめ

【この記事の内容をまとめると…】

毛玉取りに代用できるものは?

  • 食器洗い用のスポンジ:大まかにサッと取りたいときにおすすめ
  • カミソリ:細かい毛玉もきれいに取りたいときにおすすめ
  • ハサミ:衣類へのダメージを極力抑えたいときにおすすめ

毛玉ができないように予防するには?

【着用時のポイント】

  • 何日も連続で着ない
    →衣類を休ませて、毛羽立ちを落ち着ける
  • こまめにブラッシングをする
    →繊維の流れを整え、繊維同士の絡まりを防ぐ

【洗濯時のポイント】

  • ぴったりサイズのネットに入れて洗う
    →洗濯時の摩擦を防ぐため
  • 柔軟剤を使う
    →静電気の発生を抑えてくれる働きがあるため

いかがでしたか?
毛玉ができてしまっても、家にあるもので簡単に取り除くことができます。
気になる毛玉をササッと処理して、気持ちよくおしゃれを楽しみましょう♪