その他

オレンジジュースの飲み過ぎは体に悪い?果汁100パーセントでも要注意!

オレンジジュースって美味しいし、しょっちゅう飲むよ!なんて方も多いと思います。

私も娘もオレンジジュースが大好きで、毎日とは言いませんが飲む日も多いです!
オレンジジュースって甘くて酸味もあって、飲みやすいからついごくごく飲んじゃいますよね(笑)

体にもよさそうだし…と思いがちですが、どれでも体にいいわけではありません!

100%のオレンジジュースでも、選ぶものを間違えると栄養分はほとんどないだけでなく、むしろ体によくないものが含まれていたり、飲みすぎると糖分を摂りすぎてしまうことになります。

特に「濃縮還元」のジュースは、体に悪いといっていいでしょう。

じゃあストレートジュースを飲めばいいのか!というと、どのストレートジュースでもよいわけではありません。

いいものを選んでも、飲みすぎは厳禁です。

この記事では、

  • オレンジジュースの飲みすぎが体に悪い理由
  • 1日に何杯までのんでいいのか
  • 体にいいオレンジジュースの選び方
  • おすすめのオレンジジュース3選!

解説していきます!

オレンジジュースの飲みすぎが体に悪い理由

オレンジジュースを飲みすぎると

  • 太りやすくなる
  • 糖尿病のリスクが上がる
  • 美容にもマイナス効果
  • 虫歯のリスクも跳ね上がる

といったデメリットが生まれます。

これらについてまずは詳しく解説いたします!

太りやすくなる

フルーツジュースに確実に含まれるのは果糖で、砂糖とは果糖分子とぶどう糖分子がくっついたもの。
つまり、果糖とは砂糖の一部。あくまでも糖なのです。

ぶどう糖はインスリンによりほとんどが筋肉でエネルギーとして消費されます。

一方、ジュースに含まれる果糖はインスリンを必要とせず、ほとんどが肝臓で代謝され、中性脂肪などに変換され、余分な脂肪は蓄積されてしまいます。

糖尿病のリスクが上がる

特に食事中のオレンジジュースは要注意です!

食事でとる炭水化物に、果糖などの糖分が加わると、血糖値が急上昇しインスリンの分泌が大量に増加します。

その結果、糖尿病のリスクがかなり増加してしまいます

美容にもマイナス効果

果糖はたんぱく質と結合しやすいため、細胞の糖化を促進させます。

果糖の摂りすぎはそれにより内臓機能を弱体化させ、皮膚の老化も早め、くすみやシワの原因になったりと、美容にもマイナスになってしまいます。

虫歯のリスクも跳ね上がる!

18歳前後の若者は特に、1日に250ml以上飲むと、虫歯と肥満のリスクが跳ね上がるそうです。

若者に限らずですが、飲みすぎには注意が必要そうですね。

1日何杯まで飲んで大丈夫?コップ1杯までが理想的!

飲みすぎると、栄養過多や栄養不足になりやすいので、のみすぎには注意が必要です。

1日コップ1杯までにしましょう。

果物に含まれる果糖はぶどう糖と同じ単糖類で、須賀ぶどう糖に比べて小腸での吸収が穏やかであるため、血糖値の上昇が緩やかに進みます。

しかしその分満腹感が得られにくく、ジュースだと大量に飲んでしまいがちです。

飲みすぎると体に不調が現れるので注意しましょう!

体にいいオレンジジュースの選び方!

選び方のポイントとしては、少し高価にはなってしまいますが、

  • 濃縮還元のジュースでないもの
  • 100%ストレートでかつ無添加、果実の産地もジュースの製造も国内のもの

を選びましょう。

理由としては、

  • 濃縮還元ジュースは添加物の宝庫
  • 濃縮還元ジュースの栄養価はほとんどなし
  • 濃縮還元ジュースのほとんどが輸入品
  • ストレートジュースでも添加物の含まれるものは体に良くない

といった理由があります。

詳しく解説していきます!

濃縮還元ジュースは避ける

濃縮還元はストレートジュースよりも安価で、スーパーにも多く並んでいて手に入れやすいですよね。
ですが濃縮還元は添加物が多く含まれており、栄養価も低く、体にいいとは言えません

ストレートタイプは、オレンジを絞った果汁を最低限の殺菌をし、そのままジュースにしているため、濃縮還元より高価ですが、より健康的なのはストレートタイプになります。

「濃縮還元」とは、ジュースを製造する方法のひとつです。
原料となる野菜・果実からジュースを搾汁したあと、濃縮(水分を除く)し保管した濃縮原料に、再度水分を加え、元の濃度に戻す(還元)ことを「濃縮還元」といいます。

引用元:カゴメ公式サイト

濃縮されたものを還元する際に、甘さを足すために砂糖果糖ぶどう糖液糖はちみつなどが足されます。

また、風味や香りもたすために、香料酸味料が加えられ、損なわれた栄養を補うための強化剤(ビタミンやミネラル、アミノ酸など)安定剤保存料、搾りたてにみせる濁り剤酸化防止剤(ビタミンC)など、体に悪いものがたくさん詰め込まれて濃縮還元ジュースが出来上がります。

まさに添加物の宝庫ですね。

でもそれって果汁100%じゃないじゃん…と思った方もいらっしゃるでしょう。

なんともおかしな話だとも思いますが、法律的には100%の表示をするのに、少量の糖類や添加物の配合は可となっています

なので、糖類や添加物が含まれていても、「100%オレンジジュース」と表示できてしまうのです。

そのうえ、濃縮還元ジュースの栄養価はほとんどありません。

「オレンジの果実」は食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富で栄養満点!
ですが、それがジュースになるとそのほとんどが失われます。

果実に含まれていた食物繊維は搾汁でほぼ取り除かれ、ビタミンやミネラルは加熱処理される過程で壊れてしまいます。

食品添加物で必要とする栄養面が補充されますが、なんといっても添加物です。
添加物がたくさん含まれる濃縮還元ジュースは、とても体にいいとは言えません。

また、濃縮還元ジュースのほとんどが輸入品です。

中には「国内製造」の文字も見かけますね。
これを目にすると安心しそうになりますが、これも輸入品の可能性が高いことを忘れてはいけません。

輸入品であることも体に悪い理由の1つ。

では、輸入品だとなぜ体に悪いのでしょうか。

外国産は輸送距離が長いため、防腐処理を目的に栽培期間のみではなく、収穫後にも複数回農薬を使用されることが多いのです。

濃縮し、還元されることで、必要な香りや栄養は失われますが、農薬の成分が完全に消えることはありません。

農薬の成分は消えることがないうえに、失われた栄養分や風味を取り戻すために添加物が足される。
体に悪いのは一目瞭然ですね。

また、濃縮還元ジュースでよく目にする「国内製造」の表示。
この表示があるからと言って100%国内製造ではありません!

濃縮された果汁は、国内で還元すれば「国内製造」と表示してOKなのです。

なので、果汁を濃縮する段階までは海外で加工されていることもあります。
それどころか、濃縮還元ジュースのほとんどが海外からの輸入です。

1から国内製造されていることは少ないことがわかりますね。

海外から輸送しやすいように水分を飛ばして濃縮し、コンパクトに冷凍した状態で送られてきます。
当然原材料の果実は外国産ですよね。農薬がたくさん使われている可能性が高いです。

それを国内で還元したらもう「国内製造」。
ということは、「国内製造」だからといって安心はできませんね。

では先ほど、濃縮還元よりよいと言ったストレートジュースはどうなのでしょう。

100%ストレートジュースでかつ、無添加のものを選ぶとよい!

購入する前に、原材料を見てください。
原材料がオレンジのみのもの、つまりストレートで、無添加なものを選ぶとかなり安心です。

ストレートタイプは、濃縮還元より健康的ですが、全てが健康的なのではなく、香料や果糖、酸化防止剤などの添加物が含まれる場合もあり、これはあまり好ましくありません。

100%ジュースの原材料でよく目にするのが香料ですよね。

科学的に合成された香料は3200種類以上。
その中からたくさんの香りを混ぜ合わせ、オレンジの果実の香りにより近くなるように作られます。

何十種類もの香料を混ぜてつくられても、原材料の表示は「香料」のみ。

中には人体に影響のある香料も存在しますが、それでも表示は「香料」のみです。

他にもよく使われる酸味料やビタミンC(添加物)も一括表示OK。

どのようなものが使われているのか、人体に影響のあるものは使われているのか…
私たちはパッケージの表示だけでは、詳細を知ることはできないのです。

ストレートで無添加、かつ国産のものが1番健康的!

少し高価にはなってしまいますが、ストレートで無添加、果実の産地もジュースの製造も国内のものだとより安心だということです。

ですがどんなに安心なものを選んでも、最初に説明した通り、飲みすぎには気を付けましょう(*^^*)

なんでもそうですが、「適量」が1番です。

おすすめのオレンジジュース3選!

どれも国産みかんのストレートで無添加のオレンジジュースになっています!

ぜひお試しください(*^^*)

created by Rinker
POM(ポン)
¥3,527
(2021/10/17 15:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

オレンジジュースは見極めよう!体に悪いものばかりじゃない!

体に良くないものがたくさん入ったジュースもありますが、そうでないものもあります。

濃縮還元タイプよりストレートタイプを。
もっといえば、国産の原材料で国内製造、無添加のものを選ぶといいですね!

しかし、いいものを選んでも、飲みすぎれば意味がありません。

よりいいものを適量のみ飲んで、健康的にジュースを楽しみましょう!