その他

心理戦ゲーム7種紹介!道具なし&紙とペンのみで今すぐ遊べる【1対1~大人数まで】

道具なしで今すぐ遊べる、簡単な心理戦ゲームってあるかな? たまにはそういうことを家族でやってみたいなぁ。
紙とペンがあればすぐ1対1で遊べるようなゲームを検索してるけど、やったことのないゲームってなかなか見つからない…。

心理戦って人の意外な一面が見えることもあって面白いし、アナログゲームは「オンラインゲーム」とはまた違う攻め方ができるから新鮮ですよね。

でも実際、「向かい合って簡単に遊べる」心理戦ゲームをリサーチしてみても、目新しいゲームって簡単に見つからなかったりします…。

お任せください!道具なしで今すぐ遊べる心理戦ゲームを色々と発見しましたよ♪

これからご紹介するゲームは、数分あれば1対1で対戦できるゲーム~大人数でできるゲームです。

私も実際に家族と遊んでみましたが、短時間で道具もいらないし、子供も大人もかなり白熱します(^^)

アナログゲームの楽しさも知った子供達は今、「またあのゲームしよう!」と言ってきます。スキマ時間が10分もあればサクッと遊べるから、「いいよ〜」と応えやすいのがこのゲームのいいところです♪

この記事では、

  • 道具なしで盛り上がる心理戦ゲーム4選!
  • 紙とペンがあれば遊べる対戦ゲーム3選!

をまとめています。

この記事にあるゲームは、家の中でも楽しめるし、外出先の待ち時間の最中に使えるものもあります。(白熱しすぎ注意ですが 苦笑)

あなたが「今、一緒にいる人たち」と楽しめるゲームが、この中に1つでも多くあれば嬉しいです♪

道具なしで盛り上がる心理戦ゲーム4選!

まずは、道具なしで盛り上がる心理戦ゲームをご紹介します!ゲームの進め方さえチェックしたら、今すぐ遊べますよ〜♪筆者が厳選したゲームはこの4つです!

ゲーム名 人数 難易度 かかる時間
ビッグナンバーゲーム  3人〜 ★☆☆☆☆ 5分程度〜
指スマゲーム 2人〜 ★★☆☆☆ 2分程度〜
指キャッチゲーム 2人〜 ★★☆☆☆ 2分程度〜
嘘つきじゃんけん 2人〜 ★★★☆☆ 5分程度〜
ゲームの進め方は、この後に絵や動画などを使ってお伝えしますね!

ビッグナンバーゲーム【3人〜|★☆☆☆☆|5分程度〜】

  • 1から20まで数を数える中で、1番大きい数字を選んでいた人が勝ちになるゲーム
  • 同じ数字で複数の人が手を挙げた場合、その人たちはアウト〜!
  • 大人数向け(人数が多いほど盛り上がる)

ゲームの進め方

①1から20までの間で好きな数字を選ぶ(声に出さずに頭の中で!)

ゲームスタート!

②進行者が1〜20まで数字を数える

③自分が選んだ数字になったら「ハイ!」と言う(絵では手をあげていますが、口だけで「ハイ!」と言う方がゲームがうまく進みます)

④20まで数えたときに、1番大きな数字を選んだ人が勝ち!

☆アウトルール【ここが面白い!!】

 

 

 

 

 

進行する人が数字を言ったときに、2人以上の人が同時に手を挙げたら、その人たちはアウト!(その時点で負け)  

引用先:ミックスじゅーちゅ

  • 「ハイ」と言うのは1回だけ
  • 進行者も数字を選んで参加しちゃいましょう♪
  • 20の他に10や30などに数字を変えるのもアリ!
勝つために「できるだけ大きい数字」で、しかも「他の人が選ばないような数字」を予想するのが楽しいです!小学生のお子さんも参加できるプチ心理戦です。

指スマゲーム【2人〜|★★☆☆☆|2分程度〜】

  • 指を使ったゲーム
  • 相手の心理を読んで、行動を予測しながら秒で計算するのでドキドキする!
  • 2人〜大人数向け(人数が多いほど楽しさUP)

ゲームの進め方

【動画:約1分】

  • かけ声は、「いっせーのーせ○」←数字
  • 早く両方の手を引っ込められた人の勝ち!
  • かけ声で言った数字と、実際に親指の立った本数が同じ→数字が当たったので片方の腕を引っ込めてゲームを続ける
  • 数字が当たったら、かけ声は同じ人がまた言う
  • かけ声で言った数字と親指の本数が違ったら、次の人の番
指スマってどういう意味?
指遊びのゲームの名前で、実際は昔からあった指遊びなんです。「SMAP×SMAP」というテレビ番組でこの遊びを「指スマ」と呼んでいたことから、この名前が定着したそうですよ〜。

指キャッチゲーム【2人~|★★☆☆☆|2分程度〜】

  • 指を使ったゲームで2人から対戦できる(大人数でもできるが結構難しい)
  • 進行者が心理的に惑わすので、集中力が大事!

ゲームの進め方

【動画:3分】

  • 3人になると結構難しい→2人ずつ片手での対戦もおすすめ
  • 進行者はわざと、「キャッチ」の代わりに「キャンディ」「キャベツ」「キャット」「キャンプ」など言って心理的な惑わせながら遊ぶと楽しい!
  • 相手の指を強く握らない
  • 相手の輪っかの中に、指をしっかり入れる

嘘つきじゃんけん【2人〜|★★★☆☆|5分程度〜】

  • 相手とじゃんけんする前に「じゃんけんの何を出すか」宣言するところが普段のじゃんけんとの違い
  • その宣言が本当か嘘か?心理戦で勝ちを狙うゲーム!
  • 2人以上〜大人数向け(2人でも十分楽しい!)

ゲームの進め方

【動画:約4分】

【例:宣言する人】

グー出します!

<宣言が本当だった場合>

  • 宣言者:宣言通りにグーを出して対戦者に勝った【宣言者は2ポイントゲット!】
  • 対戦者:宣言を信じて「パー」で勝った【宣言を信じて勝てたので、対戦者は2ポイントゲット☆】

<宣言が嘘だった場合>

  • 宣言者:宣言が嘘でチョキかパーを出して勝った【宣言者は1ポイントゲット!】
  • 対戦者:宣言を信じずに勝った【対戦者は1ポイントゲット☆】 
何も宣言しなければ「ただの運」だったはずのじゃんけんが、宣言をすることで心理ゲームに変わってしまい、かなり面白いです!



紙とペンがあれば遊べる対戦ゲーム3選!

紙とペンがあれば楽しめるゲーム。←これはかなりのメリットですよね!紙とペンは身近にあるものだしお金がほとんどかかりません。最高ですよね〜。ここでは、次の3つのゲームをご紹介します♪

ゲーム名 人数  難易度 かかる時間
ドット&ボックス 2人で ★☆☆☆☆ 5分程度〜
コネクト4 2人で ★★☆☆☆ 7分程度〜
ワードウルフ 3人〜 ★★★☆☆ 5分程度〜

ドット&ボックス【2人で|★☆☆☆☆|5分程度〜】

  • 1:1の対戦ゲーム
  • ペンが2色あるといい
このゲームは、任天堂スイッチの「世界のアソビ大全51」にも選ばれています!紙とペンがあればすぐに遊べますよ♪

ゲームの進め方

①紙にドット(黒点)を書く (画像引用:ミックスじゅーちゅ

  • 点は約1センチ間隔
  • 点の数は最少9つ〜(数が多いほどレベル&楽しさUP)

②2人で順番に線を引いていく

  • 下の図では青プレイヤーからスタート(画像引用:TopSHOLAR)
  • 縦か横に線を引く(斜めに線は引けない)

③線を引いた時に、正方形のボックスができたらそこは自分の陣地!

  • 上の図では最初に青が陣地ゲット
  • できた陣地に色を塗る/自分の名前を書く

④陣地を取った人は、続けて線を引いていける

⑤線を引けなくなったらゲーム終了!ボックスの数が多い人の勝ち

  • 連続でボックスを作れたら勝ちやすい

【レベルアップ!】ゲームに慣れたら、下のようにドットの数を増やすのも◎

コネクト4【2人で|★★☆☆☆|7分程度〜】

  • 1対1の対戦ゲーム
こちらも、任天堂スイッチの「世界のアソビ大全51」に選ばれています。元々はアメリカのゲーム会社が発表したボードゲームの対戦ゲームです。

私はカナダ在住ですが、カナダで「コネクト4」は子供にもポピュラーなゲームです♪

ゲームの進め方

①紙に下のようなマス目を書く(縦に8本、横に6本)

②誰がマスの中で、○とXになるか決める

③先攻・後攻を決める

④ルールはシンプル。下のように相手より先に自分の記号を4つ並べたら勝ち!(たて4つ/横4つ/ななめ4つのどれか)

1つ覚えておかないといけないのは、記号を入れられるのが下から上へだけってことです。

画像引用:Pencil and Paper Games

こちらの動画では、「コネクト4」のボードゲームを使ってゲームの進め方を解説しています。

【動画:約7分】

こちらのの知育ゲームが、「コネクト4」のボードゲーム版です!
created by Rinker
ハズブロ(HASBRO)
¥1,730
(2021/10/17 15:24:45時点 Amazon調べ-詳細)

ワードウルフ【3人〜|★★★☆☆|5分程度〜】

  • 3人以上〜大人数向け
ワードウルフとは、ゲームの参加者みんなで「あるお題」について話し合いをします。

そしてその話し合いの内容を聞いて、「みんなとは違うお題」を持っている少数派の人(ワードウルフ)を探し出す心理戦ゲームです。

ゲームの進め方

下の動画ではカードを使っていますが、カードがなくても紙にペンでワードを書いたら遊べます!この記事の後半で「お題の例」をまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

【動画:2分弱】

【動画:約15分】

ルールの簡単な説明【おさらい】

①全員にお題を配布(お題の例は下の表を参考)

②1人だけ少し違うお題をもらう

③話し合いスタート!…制限時間内でお題の内容をお互いに話す

※自分の持っているお題のワードは口に出さない!

オススメする制限時間 3人【2分くらい】
4〜5人【3分くらい】
6〜7人【4分くらい】

④違うお題をもらったワードウルフを探す

  • ワードウルフを特定できた市民の勝ち!
  • ワードウルフを特定できなかったワードウルフの勝ち!

ワードウルフ初心者にオススメのお題!

  • 公園と遊園地
  • トイレとお風呂
  • うどんとそば
  • カレーとシチュー
  • アイスとかき氷
  • ゾウとライオン

こちらのサイトでお題をリサーチ♪(お題の例が100問以上!)

話し合いの時のコツ

ケチャップ【市民】

マヨネーズ【ウルフ】  

画像引用:ぼくとボトゲ

【市民A】…「何の料理の使うの?」

【ウルフ】…「ポテトサラダとかシャケのおにぎりとか」

【市民たち】…「(心の声)ケチャップでないからワードウルフだ!」

☆具体的に話すとバレやすい!

【市民B】…「何の料理に使う?」

【ウルフ】…「いろんな料理に使うよ〜」

【市民たち】…「(心の声)ケチャップも使い道多い…。ワードウルフは誰?」

☆答える時は、ざっくり大まかに話しながら様子を伺う作戦が◎

実際に子供たちも一緒に遊んでみました。短時間で決着がつくし、だまし合いや探り合いが一気に味わえるので、我が家では超ハマりました!

小学生のお子さんも一緒に楽しめる心理戦ですよ♪



まとめ

この記事をまとめると次の通りです。

【道具なしで盛り上がる心理戦ゲーム4選】

ゲーム名 人数 難易度 かかる時間
ビッグナンバーゲーム  3人〜 ★☆☆☆☆ 5分程度〜
指スマゲーム 2人〜 ★★☆☆☆ 2分程度〜
指キャッチゲーム 2人〜 ★★☆☆☆ 2分程度〜
嘘つきじゃんけん 2人〜 ★★★☆☆ 5分程度〜

【紙とペンがあれば遊べる対戦ゲーム3選】

ゲーム名 人数  難易度 かかる時間
ドット&ボックス 2人で ★☆☆☆☆ 5分程度〜
コネクト4 2人で ★★☆☆☆ 7分程度〜
ワードウルフ 3人〜 ★★★☆☆ 5分程度〜

あなたが実際に試してみたいゲームが、1つでも多く見つかったら幸いです☆

最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました!